あなたの国または地域を選択してください。

Close
ログイン アカウントを登録する Eメール:Info@infinite-electronic.hk
0 Item(s)

APEC:TIは15mWのスタンバイでAC-DCチップを作ることを横方向に考えています

TI-TPS7A78-ac-dc

「このデバイスは、電源サイズを縮小しながら、高効率と超低ノイズの間で最良のバランスを実現します。ある程度の正当性をもって、それは1つの大きなコンデンサを持っていますが

と呼ばれる TPS7A78これは、数十年前の容量ドロッパー技術を採用したもので、主電源周波数でコンデンサの直列インピーダンス(この場合は「Cs」)を使用して、実際の電力損失なしに主電源電圧の大部分を「緩め」ます。不幸な力率の価格)。

この古いアイデアには、効率を高め、制御可能なオンダイアクティブ幹線整流器フロントエンドによるレギュレーションを追加します - 4:1のスイッチトキャパシタ電圧を降圧するリザーバコンデンサ(Cscin)を充填することでステップアップ出力電流出力には従来のLDOリニアレギュレータがあります。


TI-TPS7A78-ac-dc-block「Csのリアクタンスは、整流されたAC電圧バルクコンデンサを充電するために使用される最大AC充電電流を設定します[Cscin]」と、同社は言いました。 4:1スイッチキャップ段は、入力電流を1/4に減らす効果があります。サージ抵抗[Rs]は、デバイスへの突入電流を制限するために使用されます。 TVS [過渡電圧サプレッサ]またはMOV [金属酸化物バリスタ]と組み合わせて、Rsを使用してデバイスをサージ電流から保護することもできます。」

全体的な仕様は以下のとおりです。

3.4V∼5Vの出力では、電力の浪費を最小限に抑えるためにLDOの両端で600mVの電圧降下を維持するようにアクティブ整流器が制御されます。したがって、出力が4Vに設定されているとリザーバー/ LDO入力で維持されます。

3.4V〜1.25Vの出力電圧の場合、アクティブ整流器はリザーバに固定4Vを維持します。

過電圧(> 5.75V)が出力で検出された場合(例えば、重い負荷が突然出力から除去された場合)、保護回路はLDO入力コンデンサの過剰分が使用されるまでスイッチトキャパシタセクションを停止します。これは、出力が5Vに設定されているときに最も有効になります。5.75Vのスレッショルドは、制御整流器がLDO入力で維持する5.6Vに近い値です。

ACが利用できない場合は、DC電源からリザーバコンデンサ接続ピンに電力を供給するオプションがあります。このオプションに関する注意事項については、データシートを確認してください。そのうちの1つは、最大出力電圧でのみ使用できることです。 3.3Vまで。

過電流または短絡が持続した場合に備えて、出力電流制限が提供され、過熱保護によってバックアップされています。

チップによって電力を供給されるマイクロコントローラの利点のために、2つの情報ピンが利用可能です。パワーフェイルは、入力AC電力が低下していることを示すオープンドレインピンです。パワーグッドは、出力が意図した値の92%を超えて上昇したことを示すオープンドレインピンです(低下すると2%のヒステリシスがあります)。

熱的過負荷の後、デバイスが十分に冷えると出力が再びオンになります。

絶対最大電圧はAC入力で30V、リザーバで30Vです。ただし、DCで接続すると後者は24Vに低下します。 AC入力からリザーバへの最大3Aまでが一時的に許可されています。最大出力はフルブリッジで120mA、半減で60mAです。

TIによれば、TPS7A78は外部磁気を必要としないため、耐タンパー性を高めることで電子計測アプリケーションに最適な選択肢となります。これは、電子計量などのアプリケーションで要求されるIEC 61000-4-8規格を満たしています。」

アプリノート、電子メーター用キャップドロップオフライン供給90〜265Vacから3.3V(最小50mA)を供給する回路について説明しています。 120mA、50mA出力時の効率は53%です。

また、TPS7A78を使用して電磁両立性の要件を満たすこともできます。「単純な非磁性AC / DC電源の作り方」という短い記事を読んでください。

TPS7A78は14ピン、5 x 6.5mm TSSOPで供給されます。